New

LET'S PLAY VWs Vol.59

LET'S PLAY VWs Vol.59

品番: HO-12059

¥ 1,909 (税込 ¥ 2,100

加算ポイント:19pt

数量:

発 売 日: 2021年8月
備  考: A4ワイド,132頁

DISCRIPTION 
- 商品説明 -

半年振りとなるLET'S PLAY VWs最新号「VOL.59」では『Need For Ultimate VW Custom 〜究極のVWカスタムを求めて〜』特集として、コロナ禍により全国のVWイベント等が軒並みキャンセルが続く中、ガレージやVWショップなどでコツコツと時間を掛けて仕上げられた空冷VW達が登場!
表紙を飾ったパティーナボディながら美しい輝きを誇るコーラルレッドの1958 TYPE-1は、南カリフォルニアの名門VWクラブ「German Folks Klub(GFK)」メンバーが所有されていた車両で、カリフォルニアのドライコンディションな気候に育まれた個体をベースに、Mr.OKRASAが組んだスタンドエンジンやAl Reedにてクローム仕上げされたオリジナルFUCHSホイール、シートやドアパネル、カーペット、ラグトップは全てWest Coast Classic Restorationにて新調するなど、徹底したディテーリングでブラッシュアップされた1台は必見です。
また、リアに15インチ7JのオリジナルFUCHSホイールを装着しショーカークォリティーへと仕上げられた1953 TYPE-1 Zwitterや、33年の月日を経て再び当時のVWカスタム情熱にて仕上げられた1958 K.Ghiaには、WEBER 48IDAを搭載した1900ccエンジンに、モールレスやマイルドな車高で玄人好みのカスタムスタイルを実現。他にも、こだわりのディテーリングを施したカスタムVWが多数紹介されております!
Let's Play Drag Race!特集では、2021年5月にツインリンクもてぎで開催された「VW Drag In.13th.」のレース模様をはじめ、エントリー車の紹介、そして当社代表を務める藤田の新たなレースカーも登場。レースタイムの追求はもちろん、海外での走行も視野に入れNHRAの安全基準もクリアさせたマシン設計など、プロジェクトの全貌が紹介されております!
他にも、フロントサスペンションにマクファーソン式ストラットを採用した1302モデルの魅力について徹底分析した特集「THE MODERN CLASSIC マルニの魅力を再発見」や日本国内で開催されたVWミーティングイベントの様子など、見応えのある1冊となりますので是非お求め下さい!
ページ先頭へ戻る